ALBUM SURFBOARDS

​アルバムサーフボード

アルバムサーフボード(Album Surfboard)は2001年、カリフォルニア州のサンクレメンテ&オーシャンサイドを拠点にシェイパーのマット・パーカー(Matt Parker)によってスタート。
基本的にはカスタムオーダー受注のみというセミプライベート的な一面を見せながら、クールでスタイリッシュなイメージから、南カリフォルニアだけでなくアメリカ東海岸からもオーダーが増えているという若くとても勢いのあるブランドだ。

 ご存知のように南カリフォルニアという土地は、サーフボード生産において常に世界をリードしてきた場所と言って過言ではなく、各シェイパーにおけるそのシェイプ技術のレベルは非常に高い。ロストサーフボードを率いるメイヘムことマット・バイオロス(Matt Biolos)を筆頭として、ボード製作におけるデザインの先端性、素材や技術へのアンテナが非常に高く、これらを貪欲に取り入れていく精神もこの土地独特のものと言えるだろう。

 そしてマット・パーカーもそんな空気を当たり前のものとして、その才能を存分に発揮しており、確実に人気シェイパーとしての地位を確立しつつある一人となっている。インスパイアされたシェイパーとして、ジョン・カーパー(John Carper)、コール・シムラー(Cole Simler)に加え、テリー・マーティン(Terry Martin)を挙げているように、彼の創作活動は歴史へのリスペクトと本物への探求が根底に存在している。彼の削りだす造形は機能美に溢れ、そのスピードと旋回性を一目で想像させてくれる。

 同時にアルバムサーフボードを際立たせているのは、アパレルやウェブのデザインなども自身で行ってしまうというマット・パーカーのアーティストとしての才能だろう。実際、完成してきたボードを見ると非常に高い割合でティントやブラシなどのカラーが施されているのが分かる。もちろん色無しクリアーでのオーダーも可能だが、せっかく手に入れるならカスタムオーダーという特権を生かして、お洒落なカラーを施すこともぜひともオススメしたい。ある程度のイメージとカラーの種類などだけ希望して、あとお任せでカラーを入れてほしいという希望にもマットは喜んで応じてくれるだろう。

 さらにマット・パーカーを語る上で外せないその人柄についても触れておきたい。フレンドリーかつコミュニケーション能力が抜群で、メールなどのやりとりでもすぐ確実に返信をくれるというのも、(小さなことだが)彼の誠実な性格を示している。彼のインスタグラムを覗くと、たくさんのサーフボードの写真と一緒に彼のキッズや家族トリップの写真などが混ざっているのも、なんとも微笑ましく優しい気持ちにさせてくれる。

 マットとのやりとりからは「Surfing is fun(サーフィンは楽しい)」という言葉が基本となっていることが素直に伝わってきて、各ライダーに合ったベストな1本を作りたいという情熱に溢れている。カスタムオーダー時には、身長、体重、サーフする波質、などだけでなく、どんなスタイルのサーフィンを目指しているかも遠慮なく伝えてほしい。

 自分のスタイルでのんびりとサーフしたい自由なサーファーへ。世界に一つだけ(One of a kind)の宝物をその手に!

Stubs小波用)

​※詳細につきましてはショップにお問い合わせください。

Sub(サブ) 人気モデル!

ミニシモンズ風、超小波用モデル

  • Symphonyよりも機敏さを少しプラス 

  • ショートボード的なアクションも十分に可能

  • センターにボックスフィンの装着もオススメ


オススメ波サイズ:スネ〜腹 
オススメ波タイプ:ソフトで厚めの(マッシーな)波

Symphony(シンフォニー)

人気モデル!

アルバム版ミニシモンズ、激速パドルの超小波用クルーザー

  • 弱い波をキャッチするポテンシャルは最強クラス

  • 普段はサーフィンをあきらめるような超小波でもバッチリ楽しめる

  • 基本はツインフィンだが、写真のようなクアッドフィンもオススメ

  • ショートボーダーの場合、普段のボードに7〜8リッターほど加えた、たっぷりサイズがオススメ


オススメ波サイズ:スネ〜腰
オススメ波タイプ:ソフトでかなり厚め(マッシーな)、ロングボードで乗りたいような波

SuperSede(スーパーシード)

Subベースのフラットデッキ小波用モデル

  • Subよりもさらにパフォーマンスを重視

  • フラットデッキ

  • キールツインフィンの相性も最高


オススメ波サイズ:膝〜肩
オススメ波タイプ:ソフトで厚めの(マッシーな)からパンチのある波まで

SaberTooth(セイバートゥース)

SaberStub(セイバースタブ

丸いアウトラインの小波〜中波用パフォーマンスモデル

  • ターゲットとする波質によって2タイプを用意

  • 丸いアウトラインのボードに興味のあるハイパフォーマンス志向のショートボーダー向け

  • 日常的な波は、ほぼこの1本でカバーできるのでメインボードにも最適


SaberTooth(セイバートゥース)
オススメ波サイズ:膝〜オーバーヘッド
オススメ波タイプ:アベレージ〜張りのある波まで、掘れた波にもとても強い

Balance(バランス)

Subから発展した小波用ポイントノーズモデル

  • ロッカーやレール、ボリューム感はSubと同じ

  • ポイントノーズのアウトラインによって縦へのアクションやタイトなターンが可能


オススメ波サイズ:膝〜胸
オススメ波タイプ:ソフトで厚めの(マッシーな)波

Doom(ドゥーム) 人気モデル!

フルコンケイブデッキ装備の小波キラー

  • フルコンケイブデッキによる波との一体感が抜群

  • 相性の良いフィンセットアップやテール形状は多彩


オススメ波サイズ:膝〜肩
オススメ波タイプ:ソフトで厚めの(マッシーな)波からアベレージ波

Zap(ザップ)

UTFから発展した小波用ショートボード

  • デフォルトはワイドスカッシュテール

  • フィッシュ的なグライド感に加え、パンチあるアクションも楽しめる


オススメ波サイズ:スネ〜肩
オススメ波タイプ:ソフトで厚めの(マッシーな)波

UTF(ユー・ティー・エフ)

アルバム版カリフォルニア伝統フィッシュ

  • アウトラインは伝統的なカリフォルニアフィッシュ

  • ツインフィンはもちろん、写真のようにクアッドフィンとの相性も抜群

  • モダンなボトム形状を採用しており、とても扱いやすい


オススメ波サイズ:スネ〜腹
オススメ波タイプ:ソフトで厚めの(マッシーな)波

Alternative(オルタナティブ)

Disc(ディスク)超人気モデル!

ボンザーとの相性抜群のビッグカーヴィングモデル

  • 大きなラインでのスムースな滑走スタイル

  • フェイスの大きなサイズのある波でも最高に扱いやすい

  • オススメセットアップはセンターボックス+ボンザー


オススメ波サイズ:腿〜ダブルオーバーヘッド
オススメ波タイプ:ソフトで厚めの(マッシーな)波〜張りのある波まで、掘れた波にもとても強い

Riot(ライオット)人気モデル!

Subから発展させたハイパフォーマンスモデル

  • Subベースのアウトラインを持ちながら、レールは厚過ぎない。

  • 普段ショートボードに乗るライダーも満足の優れたアクションとパフォーマンス

  • 日常的な波は、ほぼこの1本でカバーできるのでメインボードにも最適


オススメ波サイズ:膝〜頭オーバー
オススメ波タイプ:ソフトで厚めの(マッシーな)波〜張りのある波まで、掘れた波にもとても強い

Trip(トリップ)

Polyphonicから発展したビッグパワーモデル

  • Tomoサーフボード風のパラレル(平行)なレールライン

  • 小さめのボリュームで乗ることが可能

  • クイックでパワフルなターン能力


オススメ波サイズ:腰〜オーバーヘッド
オススメ波タイプ:アベレージ〜張りのある波まで、掘れた波にもとても強い

Punk(パンク)

オールラウンドに対応可能な、ちょっと短めハイパフォーマンスモデル

  • 通常パフォーマンスモデルより短めなコンパクトサイズで楽しめる

  • エアリアルなどのハイレベルなアクションにもバッチリ


オススメ波サイズ:膝〜オーバーヘッド
オススメ波タイプ:ソフトで厚めの(マッシーな)波〜張りのある波まで、掘れた波にも強い

Polyphonic(ポリフォニック) 超人気モデル!

アルバムのベストセラー、超人気オールラウンド

  • フロント寄りのワイドポイントが生み出す優れたパドル性能

  • 絞ったテールでパワフルな波質にもスムースに対応可能

  • 多彩なフィンセットアップ&テール形状が選択可能

  • 日常的な波は、ほぼこの1本でカバーできるのでメインボードにも最適


オススメ波サイズ:膝腿〜オーバーヘッド
オススメ波タイプ:ソフトで厚めの(マッシーな)波〜張りのある波まで、掘れた波にもとても強い

Swing(スウィング)人気モデル!

PolyphonicとDiscをかけあわせた、ちょっと太めオールラウンド

  • Polyphonicよりも、さらに小波に強い

  • ボックスフィンを装着してシングルフィンスタイルに楽しむのもオススメ

  • 日常的な波は、ほぼこの1本でカバーできるのでメインボードにも最適


オススメ波サイズ:膝〜頭
オススメ波タイプ:ソフトで厚めの(マッシーな)波〜張りのある波まで、掘れた波にも強い

​ホーム  <

カリフォルニアでのアルバムサーフの写真
シャープアイサーフボードの一枚
ヤンバルサーフトリップ
アルバムサーフボードの一枚
EVENFROW
ぱPadopado Okinawaのショップ写真